バルトレックスを通販で購入する男性

誰にも言えず一人でヘルペスや帯状疱疹にお悩みの方は、バルトレックスを通販で買って使ってみてください。病院へ行くことは必要なく、処方箋も必要なく、日本の薬事法にも触れることなく個人輸入することが可能です。

帯状疱疹やヘルペスにはバルトレックス!

帯状疱疹やヘルペスは抗生物質をいくら投与しても治療する事は出来ないです。
何故かというとこれらの病気の原因は抗生物質が有効な細菌では無くウイルスだからです。
ウイルスと細菌は似ているようで別の種類であり、どちらも体内で増殖して数を増やしていくという点では同じですが、細胞は自己増殖をするのに対してウイルスの場合は細胞内に侵入する事で増殖するようになっています。
このように全く異なる仕組みで数を増やしていくので、同じように処理をするという事は出来ないのです。
帯状疱疹やヘルペスはウイルスに感染すると赤く腫れたり水ぶくれが出来るといった症状が出てきますが、ウイルスの場合はそのウイルス種類に合わせて薬を用意しなければ効果が無く、帯状疱疹やヘルペスはヘルペスウイルスの仲間であり、症状を抑えるための抗ウイルス薬として有名なのがバルトレックスです。
バルトレックスがどのようにしてこれらの症状に対して有効であるのかというと、薬が存在しているウイルスに対して攻撃して数を減らすという訳では無く、ウイルスの増殖を阻止する事によって数が増えないようにして治療を行います。
つまり、症状が悪化すれば悪化するほどウイルスが増殖しているという事になり、ピークを迎えてからバルトレックスを服用してもほとんど効果は無く、症状が現れ始めたらすぐに服用する方が効果があって症状を抑えて早く治療する事が可能となります。
そうした事もあり、症状が現れてから病院へ行ってバルトレックスを処方して貰うのは時間と手間が掛かってしまうので、通販を利用してバルトレックスを常備しておく人もいます。
一般的にはバルトレックスを購入するには医師の処方が必要ですが、個人輸入ならば手軽に購入する事が出来るので、いざという時に直ぐに服用する事も可能です。

バルトレックスの小児適応について

バルトレックスはヘルペスウイルスを阻害することで、増殖を阻止して症状を回復させるために用いられる薬で、主に口唇ヘルペスおよび性器ヘルペス、水ぼうそうで処方されます。
ヘルペスウイルスは人間であればほとんどの人が感染しているウイルスですが、免疫によって抑えられており、ストレスや疲労によって免疫が低下すると、突然暴れ出して増殖します。
幾つもの小さな水ぶくれが出来るのが特徴で、痒みや痛みを伴い、酷い時には発熱なども併発します。
一度発症すると免疫が出来て、ウイルスの感染はしにくくなりますが、小児では免疫がまだないことから、水ぼうそうが発症すると、全身に発疹および水疱が現れ、37~38度ほどの発熱が5日ほど続きます。
こういった症状を改善するために用いられるのがバルトレックスですが、小児適応は2007年までは水ぼうそうのみとなっていましたが、現在は成人と共に様々な諸症状に適応できるようになっています。
特に口唇ヘルペスは小児でも感染する可能性があっただけに、広い範囲で適応できるようになったのは有り難いことです。
しかし、問題としてバルトレックスの服用量が、成人と小児では違いがあることが上げられます。
バルトレックスは通常では500mgの錠剤となっていますが、小児では量が多すぎて分割するなどのテクニックが必要となります。
通常は体重に12mgを乗算することで求められる数字で、体重が30kgであれば360mgが適量と言われています。
そのため、体重が40kg未満の小児ではそのままバルトレックスを服用するのが難しくなります。
最近ではバルトレック顆粒と呼ばれるものも販売されているので、処方の際には顆粒タイプを求めて置けば、小児の治療に調節することが可能となっています。

バルトレックスのジェネリック医薬品について

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは非常に高価な薬であり、ヘルペスは完治する事が無い事からも再発する度に薬を処方して貰っていたのでは、かなりの経済的な負担となってしまいます。
ジェネリック医薬品であれば同じ効果がありながら安く購入する事が可能となっているので、経済的な負担を少しでも軽くしたいという人には人気となっています。
安いというとあまりイメージが良くないという人もいますが、ジェネリック医薬品というのは主成分はそれまでに販売されていた薬と同じなので、効果は同じでありながら開発費にそれほど費用が必要なく安い値段で購入する事が出来るようになっています。
ただ、ジェネリック医薬品はどんな薬に対しても販売されているわけでは無く、医薬品の開発には莫大な費用が掛かる事からも最初に開発した業者の権利を守るためにも特許が切れていなければ基本的には開発・販売をする事が出来ないです。
もし、すぐに類似品を販売する事が出来てしまったのでは最初に開発費や時間をかけて研究した企業が損をしてしまう事を考えれば当然の権利です。
それではバルトレックスの場合は特許が切れてジェネリック医薬品が出ているのかというと、2013年の12月に特許が切れたために最近ではジェネリック医薬品も販売されるようになっています。
そのためにバルトレックスを服用しているけれども経済的な負担が大きいので何とかならないのか、あるいはこれからヘルペスの治療薬を少しでも安い費用で利用したいというのであれば、バルトレックスのジェネリック医薬品を探してみるのが良いです。
最近では個人輸入でバルトレックスのジェネリック医薬品が簡単に手に入れられるので、費用の問題からもジェネリック医薬品を選択する人もいます。
●病院に行かずに治すなら
ヘルペスを薬で撃退!
●性病検査も自宅でできる?
クラミジア 検査
●カンジダ症になったらこの薬
エンペシドクリーム
●ジェネリック医療薬品で低コストで治す
イミキモド